2014年12月7日日曜日

ENENews【論文概要】日本政府が出資した研究がフクシマ由来のプルトニウムとウラニウムを東海村で確認


ENENEWS


日本政府出資による研究報告:フクシマから100キロ以上離れた地点でMOX燃料粒子を発見――3号炉爆発のあと、プルトニウム239レベルが「有意に上昇」――核燃料物質が大気中を長距離を隔てて運ばれる
2014125日 ENENews
American Chemical Society (2014):『原子炉水素爆発の数日後に120キロ離れた地点で福島第一原発由来の空中伝播プルトニウムと非天然ウラニウムを発見』抄録(強調は引用者による)
  • 損壊した福島第一原発から放出されたプルトニウムが確認された…福島第一原発からのPu(プルトニウム)およびU(ウラニウム)の大気中放出はいまだ周知されていない。福島第一原発から120キロ南西の地点で…われわれはPuUの同位体組成を分析した。
  • 空中浮遊粒子試料に含まれるウラニウム…原子炉水素爆発直後の数週間、n(236U)n(238U)の比率が以前より高まったことが認められた…われわれはフィルターに捕捉されたUにおけるn(236U)n(238U)比率の上昇が福島第一原発事故の影響であると結論した。
  • 空中浮遊粒子試料に含まれるプルトニウム0.07 cps(秒あたりカウント)より有意にカウント率が上昇した239Puが試料5点で見つかった…試料5号の239Pu成分は…[8,900,000]原子であった…Puに富む試料5点のn(240Pu)n(239Pu)およびn(241Pu)n(239Pu)は…福島第一原発近傍の散在物試料に認められた比率に対応していた。
  • この研究で見つかったPuおよび非天然由来Uは、ほぼ間違いなく3号機原子炉の水素爆発によるプルームで運ばれたものであり、この原子炉はウラニウム燃料に加えて、ウラニウムとプルトニウム酸化物の混合燃料(MOX)が装填されていた。ガンマ線量率は…315日に上昇しはじめた…この観測結果と風向データを併せて、315日に異常なPuUが福島第一原発からのプルームによって120キロ以上の距離を超えて運ばれたと推測しうる…本研究で検出されたPuUは、なんらかの経緯で核燃料から分離した小粒子であり、風に乗って長距離を運ばれたものであると推測できる。これはわれわれの知るかぎり、福島第一原発からの核燃料物質が120キロの距離を超えて大気中を運ばれたことを、Puおよび非天然由来Uの分析データを用いて示した最初の検証である。
  • 本研究は、ヘルムホルツ協会ミュンヘン、ウィーン大学、カールスルーエ工科大学、日本の原子力委員会から資金を提供されている。  



*********

要約AG1
原子炉水素爆発の数日後に120キロ離れた地点で福島第一原発由来の空中伝播プルトニウムと非天然ウラニウムを発見
2011311日、北西太平洋で大規模な地震(マグニチュード9.0)が発生し、津波を起こして、福島第一原発に深刻な被害をもたらした。事故の結果、放射性セシウム、ヨウ素など、膨大な量の核分裂生成物が放出された。核燃料物質の主成分であるプルトニウムとウラニウムを含むアクチニド類もまた大気中に放出された。しかしながら、アクチニド類が危険要因であるものの、量が少なく、分析も困難であるため、環境試料中のアクチニドを正確に分析することは困難である。われわれは本研究において、事故の前後に福島第一原発から120キロ離れた地点で採集された空中浮遊粒子資料に含まれる、空気伝播プルトニウムとウラニウムを分析した。プルトニウムと非天然ウラニウムの同位体比率分析の結果、フクシマ由来のアクチノイドが原子炉爆発の2日後に120キロ離れた地点に到達したことが示された。得られた結果にもとづき、プルトニウムの実効線量を計算した。その結果、線量効果が放射性セシウムとヨウ素のそれよりも小さいと判明したが、プルトニウムが人間の健康に危険をおよぼす可能性が示されている。この研究は、質の高い分析技術を駆使してこそ実施可能である。この研究結果は、福島第一原発からこれほど離れた地点の大気中におけるフクシマ由来の空中伝播プルトニウムと非自然ウラニウムに関連する最初の知見であり、最初に出版されるものである。
出版要目:
Shinonaga T, Steiner P, Lagos M, Ohkura T. (2014): Airborne Plutonium and Non-Natural Uranium from the Fukushima DNPP Found at 120 km Distance a Few Days after Reactor Hydrogen Explosions. Environmental Science & Technology 2014; 48: 3808-3814.
ヘルムホルツ協会ミュンヘンによる研究の重要性:
ヘルムホルツ協会ミュンヘンは、健康に対する悪影響を防止するために環境中の放射性核種と放射線防護を研究している。福島第一原発事故後におけるアクチノイドのふるまいについて、原子炉に近い現地で調査してきた。われわれは、得られた分析結果を用いて、プルトニウムの実効線量を計算した。研究結果は、原発事故で放出されたアクチノイドのふるまいに関する重要な情報を提供するものであり、人間の健康に対するリスクの評価に用いることができる。

2014年12月6日土曜日

CNN【ビデオ】浜通りゴースト・タウンを探訪する「ダークツーリズム」はフクシマ再建を願う



Khon②


「ダークツーリズム」はフクシマ再建を願う
Fukushima ‘dark tourism’ aims to rebuild city

ウィル・リプリー WILL RIPLEY

20141130
 
【福島:CNNフクシマ核惨事は新手の「ダークツーリズム」を呼び込んでいます。
メルトダウンのため、町全体が立ち退きを余儀なくされて4年近くたち、ツアーガイドたちが人びとを見捨てられた地域に案内しています。

CNNは、ある被災地の町が他人にその悲劇を見せる理由を突き止めました。

人びとが最初に質問するのは、放射能のことです。「たいがいの人が立ち入りを止められているのに、入っても安全ですか?」。わたしたちを案内してくれた自治体のガイドは、汚染レベルが低いといいます。
チェルノブイリ以来、最悪の核災害のために、いまも無人になっている福島県内の各地のうち、比較的安全な場所であれば、時間を限って出歩くのは許されています。4年近くたった今、外部から来た人たちが、この放棄され、荒れ果てた場所の珍しい景観を目に留めています。
2011年の地震と津波による被害状況が手付かずのまま残っています。崩れかけた建物がさらに荒れ果てようとしています。雑草がゆっくり占領しようとしています。
お客さんがこれを初めて見て、どんなことを言いますか?

「まず、信じられないとおっしゃいますね」と、フクシマ案内ガイド、カトウ・ユウスケさんはいいました。
誰もここに住めないし、まだまだ無理です。いつと言っても、推測にすぎません。
壊れた原子炉が放出する放射能による、目に見えない脅威のため、恐怖がさめやりません。土壌と地下水が汚染されています。
農業はダメ。ビジネスはストップ。それで、なにが残っていますか?

バンバ・ケンイチさんは福島再建を願っていますが、「なにも」と応えました。

このツアーは福島県再建長期計画の一環なのです、とバンバさんはいます。彼にとって、これは心苦しい人事でない仕事です。
バンバさんは福島から来ました。彼は、この被害状況の全体を見回して、なにをお考えですかと聞かれて、「じっさい、わたしはここに何度か来ましたが…なんとも言えません。ただ悲しいだけです。ただ悲しい」と答えました。

原発は解体されようとしていますが、安全になるまで、何十年もの時間と巨額の費用がかかるでしょう。CNNが数か月前に現場に入ったとき、防護服着用を強いられました。世界屈指の危険な場所です。
遠くに原子炉が見えます。ここは近すぎるので、多くの人は安んじて再来したいと思わないでしょう。

調査によれば、帰還を望む元住民は5人にひとりぐらいであり、その大多数は60歳以上です。たいがいの人は、この状況に向き合うより、移住したほうが楽なのです。

フクシマの田野のあちこちに船や車が転がっています。亡くなった人たちを偲ばせています。
イシヅカ・アキコさんは、このささやかな慰霊場で母と義理の父のために祈っています。このような慰霊場はどこに行っても目につきます。

4年近くたちましたが、ここに来れば今も悲しくなり、あの人たちは逝ってしまったと思ってしまいます」とイシヅカさんはいいました。
フクシマ・ツアーのガイドたちは、このような人びとの苦しみを分かち合うことによって、他の人たちがやって来て、再建に参加する後押しになればと願っています。

「わたしたちは地元の人たちの福島再生を励ましたいと思っています」と、ガイドのカトウ・ユウスケさんはいいました。
この人たちは、この卒業式の横断幕が掲げられたままの学校体育館に生徒たちが戻ってくることを願っています。このホコリをかむったピアノも、いつか弾く人がいるでしょう。

この核のゴースト・タウンにも、いつの日か、暮らしが戻ってくることでしょう。

CNNのウィル・リプリーが福島からお伝えしました。

2014年12月4日木曜日

【ビデオ・写真特集】ドローンが上空から見せるチェルノブイリの「ゴースト・シティ」の忘れられない光景

ドローンが上空から見せるチェルノブイリの「ゴースト・シティ」の忘れられない光景
ウクライナ、プリピャチの新遊園地は、街のメーデー祝典の一環として198051日に開園されることになっていた。だが、同年426日のチェルノブイリ核惨事勃発から3日のうちに遊園地も街も避難区域になってしまった。20年以上も後のいま、遊具は残されたときのまま放置されている。
IMAGE: MASHABLE, CHRISTOPHER MILLER
【ウクライナ、キエフ】見捨てられたが、忘れられない遊園地。無人の集合住宅の屋上に、ハンマーと鎌をあしらったソ連の色あせた紋章。街の広場のひび割れから立ちあがる森。人のいない光景。
広がり、草木が伸び放題の朽ちていく光景、時のなかに凍りついたゴースト・シティ。

そのようなものが、上空をホバリングするドローンから見た、ウクライナのチェルノブイリ、そして世界屈指の核災害の故地、プリチャチの街の光景である。

英国の映画作家、ダニー・クーク(Danny Cooke)は今年はじめ、CBSニュース番組60 Minutesの仕事で、チェルノブイリ立入禁止区域(ゾーン)として知られる100平方マイルの放射能汚染地帯に入った訪問期間中に、信じられないほど素晴らしい空撮映像をものにした。
その結果が、『チェルノブイリ、プリピャチから届いたハガキ』("Postcards from Pripyat, Chernobyl")というタイトルの3分間ビデオであり、それは観る人を放棄された不気味な街の上空と内部に誘ってくれる。ドローンは保養センター内の水気のない朽ち果てた水泳プールの上を滑空しているが、その前には学校のホールの中へと降下して、生徒たちのノートブックが床一面に散乱する教室へと進入していたのである。
プリピャチ、いわゆる「ゴースト・シティ」はかつて、近くにあるチェルノブイリ原子力発電所4号炉が爆発し、31人の人びとが死亡し、ヨーロッパの広大な一帯に拡散することになる放射性の塵芥の雲を放出し、住民が逃げる以前には住民約50,000人の住処だった。
校内カフェテリアの床一面に散乱したガスマスク。背景にレジスターと手洗い用流し台。
IMAGE: CHRISTOPHER MILLER/MASHABLE
破局的惨事は1986426日に勃発し、史上最悪の原子力発電事故と呼ばれてきた。国際原子力事象評価尺度INES)レベル7に分類される事象は、他に2011年のフクシマ核惨事があるだけである。あの春の日、大気中に放出された放射能の量は、ヒロシマに投下された原子爆弾のそれの400倍だった。
プリチャチの保養センターのひとつの内部にある水泳プール
IMAGE: CHRISTOPHER MILLER/MASHABLE
惨事に由来するフォールアウトは何千人もの人びとの健康に慢性的な悪影響をおよぼした。ゾーンの近くに住む人びとに、それにまた現場の浄化作業に駆り出された何千人もの人びとに、放射能被曝の結果、稀な癌や他の病態が見つかった。
その一方、環境は人間が不在ななか、街の舗装やビルの割れ目から芽吹いた植物で活気に満ちた。動物も復活を遂げた。放射能を帯びたイノシシや野生化した犬がゾーンの全域を自由にうろついている。ナマズは、発電所の冷却水用の池に水を引く流れのなかで体長6フィートを超えるほど成長した。BBCによれば、ちょうど今週、科学者たちがヒグマの画像をものにしたが、それはチェルノブイリ地域で1世紀間の不在のあとで最初のものであると信じられている。
ホテル・ポリシャは、かつてプリピャチ中央広場の顔だったが、放置されてきた28年のあいだに植生に占拠されてしまった。
IMAGE: CHRISTOPHER MILLER/MASHABLE
「わたしは滞在中、わたしはたくさんの不思議な人たちに会ったが、そのひとりがわたしのガイド、イエフゲンであり、『ストーカー』の名でも通っていた」と、クークはビデオの解説で説明しているが、彼のいう、その男はゾーンの内部に忍び込み、金属スクラップや放置所有物を集めてくるのであり、あるいは単にゾーンの奇妙な美を楽しんでいるのだ。
「わたしたちは、チェルノブイリとその近くの放棄されたプリピャチの街を一緒に探訪して、その週を過ごした。この場所には、なにか静穏で、それでいて極めて不安にさせるものがある。時間が止まっていながら、過去のできごとの記憶がわたしたちの周囲に漂っているのだ」
クークはDJIファントム2型ドローンとビデオ撮影用にキャノン7Dを使っていた。「カメラとガイガー線量計測器で武装して、わたしは探検する」と彼はいう。
今日、ビジターは入域許可証を取得して、立入禁止区域内とプリピャチの街を終日周遊できる。他に入域を許されているのは労働者たちだけであり、惨事のあと、爆発した原子炉の周りに急拵えで建造されたが、崩れかけており、放射能が漏れ続けている石棺の上を覆う「新安全封鎖構造」を彼らが建造している。彼らは交代制で働き、その場で月ごとに限度が定められた時間数を消費している。科学者たちは、その地域がこれから20,000年のあいだ汚染されたままだろうと見積もっている。
【関連記事】

Mashable: ウクライナで原発事故のあと 断続的に全国規模の停電




ウクライナで原発事故のあと 断続的に全国規模の停電
IMAGE: UNIVERSAL IMAGES GROUP VIA GETTY IMAGES
【ウクライナ、キエフ】ウクライナで「核事故」は、チェルノブイリ――世界最悪の核惨事――の記憶がよみがえる魔法の呪文である。
だが、これはウクライナのアーセニー・ヤツェニュク首相が4日、ウクライナ南東部のザポリージャ原子力発電所の不具合を表現するのに選んだ用語であり、さらなる詳細も説明せずに使ったのだ。
ロイターが最初に「わたしはザポリージャ(原子力発電所)で事故があったと承知している」といった首相のことばを伝えた。
ヤツェニュクはその直後、新たに任命されたエネルギー相、ヴォロディミア・デミチシンに記者会見を開いて、このことを説明するように求めた。
 ウクライナのエネルギー相は、原発に不具合があったのは発電機側であり、原子炉自体ではないという。主要な問題は電力不足であり、したがって停電…


「危険はありません…原子炉に問題はないのです」と、デミチシンはブリーフィングで語り、事故は出力システムに影響を与えたのであり、「まったく」エネルギー発生部と関連していないと付言したとロイターは伝えた。彼は、原子炉が5日に送電を再開する見込みだとも言い足した。

インターファックス通信ウクライナによれば、不具合は1,000メガワット原子炉が装備されている原発No. 3ブロックで発生した。発電出力が低下したため、すでに電力危機に陥っていた全国で、断続的な停電を招いてしまった。
 ご注意:あなたが「ウクライナ」の公人であり、「核事故」という言葉を口にしたなら、大至急、安全な状況であると明言なされるように、ご忠告申しあげよう
発電所のウェブサイトによれば、ザポリージャは国内最大、世界的には第5位の規模の原子力発電所であり、旧ソ連時代のVVER-1000加圧水型軽水炉6基を備えている。
発電所は、ウクライナの紛争地帯から150マイル西方、チェルノブイリから400マイル以上南方に立地している。1986年のチェルノブイリ原子力発電所における爆発と火災のさい、放射性粒子の雲が大気中に放出され、ヨーロッパ北西部全域に漂った。
業界関連団体、原子力研究所の報告によれば、ザポリージャ原発はソ連時代の原子炉設計を特色としているが、1985年時点のチェルノブイリで使われていた、事故を起こしやすいタイプと同じものではない
現在、ウクライナの電力供給量の約50パーセントが原子力発電によるものであり、全国の照明を点灯しつづけるためには、原子炉15基のすべてを稼動しつづける必要がある。

 現状の様子と同じほど、本当に些細なできごとであるなら、ヤツェニュク氏に「パニックを引き起こさずに核事象について語る方法」教室に通われるよう、ご提案しよう
ウクライナは原子炉に装填する核燃料をロシア製に大きく依存している。ロシアのTVELがウクライナの核燃料の筆頭供給元であるが、ウクライナは供給の多角化で大きく前進した。アメリカのウェスティングハウス・エレクトリック社は、2013年に納入した同社製の燃料棒の設計変更を余儀なくされたが、最近になってウクライナ当局との紛争を解決したあと、原子炉2基に装填する核燃料の供給を始めた。
ウクライナは2年前、ロシア製核燃料への依存を減らす別の企てとして、独自の核燃料工場を建設しはじめた。
【筆者】
 クリストファー・ミラー Christopher Miller
クリストファーはMashableの幹部記者であり、世界ニュース全般、とりわけ旧ソ連領域、なかでも過去5年にわたり居住し、仕事をしてきたウクライナのニュースを担当している。キエフ・ポストの元編集員であり、グローバルポスト、テレグラフ、タイムズ、インディペンデント、その他に寄稿している。オレゴン州、雨の多いポートランドの出身である彼は、平和部隊復員ボランティア(ウクライナ)でもある。
【関連記事】

【ザポリージャ原子力発電所の位置図】


【ウクライナ紛争地図】



【ウクライナ紛争地図にザポリージャ原発が占める位置】

画像出処:「リウネ原発で水位低下等のトラブル
【続報】
ウィーン=喜田尚 2014125
 ウクライナのデムチェシン・エネルギー相は4日、11月末から各地で計画外の停電が続くことから国民、産業界に大規模な節電を呼びかけた。ピーク時の電力消費を15%削減することを目標に深夜の電気料金の値下げを表明、工場の夜間操業を促すという。
 6月以来ロシアからの天然ガス輸入が止まったことに加え、東部ドネツク、ルガンスク州に集中する炭坑地域が親ロシア派に支配され、火力発電でガスの代替となるべき石炭の備蓄が不足。11月末から気温が下がり電気消費が急上昇した。
さらに11月末に6基あるザポロージェ原発の原子炉のうち1基が電源系のトラブルで稼働を停止、危機に拍車をかけた。ドネツク州に近い東部の大都市ハリコフでは一部の公共交通機関が止まる事態に発展した。