2017年8月14日月曜日

【#郡山通信】#フクシマ☢惨事のリアリティ 東京オリンピップ大会のファンタジー


国家権力による弾圧に対しては、 犠牲者の思想的信条、 政治的見解の如何を問わず、 これを救援する。


郡山通信

フクシマ核惨事のリアリティ
東京五輪のファンタジー

「無理が通れば、道理が引っ込む」という。六年半近く前、フクシマでパンドラの箱が暴発的に開いたとき、放射能の雲が噴き出しただけでなく、放射能リスクを覆い隠す嘘が大手を振って通用するようになってしまった。

当時の枝野幸男官房長官は、放射線量について「直ちに人体や健康に影響を与える数値ではない」と記者会見で繰り返していたが、「長期的な影響は否定できない」と解する余地を残していただけ、まだましだった。

福島県の内堀雅雄・現知事は事故当時、佐藤雄平県政の副知事として一一日夜から詰めていた原発オフサイトセンターが機能しなくなって、六日に撤退するさい、プルームが流れた飯舘村方面を忌避して、いわき市・郡山市経由で大幅に遠回りして福島市内の県庁に帰任したという。そのころ一般県民はSPEEDI(放射能影響予測システム)データも知らされず、広域的な断水のため、各地の給水所の長い行列に一家総出で並んでいた。

野田佳彦首相は事故後一年にも満たない十二月、「原子炉が冷温停止状態」に達したとして、「発電所の事故そのもの」の収束を宣言した。言うまでもなく、避難地域を再編し、核事故の社会的影響の収束を本格的に推進するためである

民主党政権の自滅のあとを襲った安倍晋三首相は、二年後の二〇一三年九月、ブエノスアイレスIOC総会の壇上で、「フクシマについて、お案じの向きには、私から保証をいたします。状況は、統御されています。東京には、いかなる悪影響にしろ、これまで及ぼしたことはなく、今後とも、及ぼすことはありません」と世界に向かって広言し、二〇二〇年オリンピック・パラリンピック大会の東京招致をものにした。

以上、過去のビッグニュースを並べてみたが、先月二四日、オリンピックまで丸三年の節目を迎えた現在、状況はどうなっているだろうか。

今年二月のことだが、リオデジャネイロ五輪体操競技の金メダリスト、内村航平氏が復興庁の嘱託「復興応援大使」として福島県庁を訪問し、内堀知事と歓談、「福島に行ったことがない人に行きたいと思ってもらえるよう、魅力を伝えていきたい」とリップサービスを献上した。

その一方、三月末に帰宅困難区域を除いて避難指示が解除されるとともに、福島県による「自主避難者」への住宅提供が打ち切られることになり、抗議団が「帰還を迫るやり方は生きる権利を否定する暴挙だ」として県庁に押しかけたが、内堀知事は会おうともしなかった。そもそも避難指示の解除基準そのものが、一般人の年間被曝限度の二〇倍「年二〇ミリシーベルト」以下の被曝なら安全というファンタジーの産物であり、これがフクシマの現実なのだ。

内堀知事は六月に上京して丸川珠代五輪担当相に面会し、福島県は五輪を風評被害払拭の機会と捉え、GAP(農業生産工程管理)の第三者認証取得を進めていると説明した。丸川大臣は「(福島産食材を)選手村などで積極的に活用していただけるよう国としてしっかり後押しする」と言質を与えた。

ちなみに前知事の佐藤雄平氏もオリンピック組織委員会の森喜朗会長と会談したさい、聖火リレーの国道六号線乗り入れや各国選手団合宿の県内実施を要望している。森会長は、「(各国選手団が福島に)風評被害で来ないということはあってはならない」と応えた。

現時点では、野球・ソフトボール競技の予選が福島県営あづま球場で実施されることが決定している。森氏は、「オリンピックの野球・ソフトボールを福島で行うことにより、震災よりおよそ10年後の復興した姿を世界にみせるよい機会となるだろう」とコメントした。

ところが海外に目を向ければ、たとえば二〇一五年十月付けUPI通信によれば、韓国で日本産葉タバコを検査したところ、検体の六八%から放射性セシウムが検出され、騒ぎになったという。

福島県などの汚染都県からの食品輸入が規制されている国ぐにもいまだ数多い。新国立競技場の突貫工事で過労自殺者を出すようなありさまのいま、国際社会はフクシマ核惨事と二〇二〇年オリンピック大会の東京開催準備の現状をどのように見ているのだろうか。

(井上利男。原発いらない金曜日!郡山駅前フリートーク集会世話人。ブログ「原子力発電・原爆の子」、ツイッター<@yuima21c>)


2017年8月10日木曜日

シアトル・タイムズ紙「#ハンフォード と #長崎 をつなぐ☢#プルトニウム☢の縁」

きのこ雲の下で~ナガサキの物語はハンフォードの新しい国立公園で語られるのだろうか?
2017年8月3日初出/8月5日更新

194589日、長崎に爆弾が投下されてからほどなく、瓦礫のなかを通行する人びと。この写真は、日本政府公認の同盟通信社から米国陸軍が入手したものであり、長崎破壊後最初の地上の光景として配布された。日本政府は194512月時点の死者数を、市域人口約240,000人のうち最大73,000人と推計している。生存者の多くは重症の火傷と放射線疾患で苦しんだ。(AP通信)

72年前、ハンフォードで生産されたプルトニウムを装填した米軍の原子爆弾が長崎に投下された。この惨事の物語には、ワシントン州中部で具体化しつつある新しい国立公園で、いまだ展示場所を用意されていない。

ハル・バーントン Hal Bernton @hbernton
シアトル・タイムズ記者

【長崎発】194589日、池田早苗は素直な少年にすぎなかった。

彼の母親は食べ物を求めに農家へ出かけるさい、兄弟姉妹たちと一緒に家にいなさいと言いつけた。だが、12歳の少年は家を抜け出し、山道をめざし、母親を見つけて、連れてってと頼みこんだ。

30分間、歩いた距離がふたりの命を救った。午前112分、原子爆弾が長崎の上空で炸裂したとき、親子は爆心地から1マイル以上も離れた場所にいた。

池田は飛行機の爆音を聞いたこと、煌めく閃光を見たこと、そして衝撃波で気絶したことを憶えている。意識が戻ると、煙が空一面を覆い尽くし、その後、その雲が赤く輝いた。

「何もかも燃えていました」

5人いた彼の兄弟姉妹たちは、日本軍が真珠湾を攻撃したその日に生まれた末弟も含め、全員が数日間のうちに亡くなった。

池田は当年84歳、数千人いる長崎「被爆者」――ワシントン州リッチランドの郊外、ハンフォード秘密施設の反応炉で製造されたプルトニウムから凄まじい力を得た原子爆弾攻撃の生存者――のひとりである。

被爆者たちの物語は、カスケーズ[滝の連なり]地方の東、ヤマヨモギ生育地で展開した戦時の愛国心、犠牲、科学的達成からなるリッチランドの歴史物語でまだ語られていない章である。その後70年以上も経て、ハンフォードおよびニューメキシコ州ロスアラモスとテネシー州オークリッジの爆弾開発施設において形作られている新たな国立公園で、被爆者の物語のためにスペースを用意しようとする動きがある。

長崎に投下された原子爆弾のプルトニウムを製造したハンフォードB反応炉(右)は2009年から団体旅行客に公開されている。それは今、マンハッタン計画・国立歴史公園の一部になっており、ニューメキシコ、テネシー両州の施設も公園に含まれる。(Kjell Redal/The Seattle Times)

国立公園局の職員らは、爆弾――194586日に広島、その3日後に長崎に投下された原子爆弾――を製造する一か八かの賭けだけでなく、人的被害や爆弾を炸裂させる決定をめぐる歴史的論争を探るための展示の実現を願っている。

今年になって公開された公文書がマンハッタン計画・国立歴史公園の基本テーマの概略を説明しており、ハンフォードでは、閉鎖された反応炉やその他の現場のツアーが提供されることになっている。だが、遺物と口述歴史記録の展示内容を開発するのに何年もかかると予想されている。資金が逼迫しており、今年の場合、3州の施設が680,000ドル[75,300,000円]の予算を分け合うことになる。

資金の問題はさておき、この公園が、爆弾の暗い側面を探る展示を含めるという野心的な意図をあくまでも実現するためには政治的意思が必要になるだろう。

米国の歴史家の多くは、200,000人以上の人間を殺した2発の原子爆弾が、第二次世界大戦を終結させる決定的な打撃になり、さらに多くの日本人とアメリカ人の命を奪うことになったはずの米軍上陸侵攻による流血を避けることができたという。これがアメリカで主流の語り口である。ハンフォードで勤務していた一部の人たちにとって、逆のことを説いて聞かせるのは異端である。

リッチランドの地元紙、ヴィレジャー(The Villager1945814日付け紙面で日本降伏と戦争終結を伝えた記事は、「平和!われわれの爆弾が平和を確定した!」(Peace!Our Bomb Clinched It!)と謳っていた。

他の歴史家たちはロシアと日本の記録文書を掘り下げ、戦争終結について、もっと含蓄に富んだ説明を書いている。長崎の上空で爆弾が炸裂したころに進展していたソ連軍の日本領域侵攻が、日本降伏において、決定的でなくとも、重要な役割を果たしたと断言するものもいる。

今年の1月まで公園局の局長を務めていたジョナサン・ジャーヴィスは、こういった――

「わたしたちはそもそもの始めから、(爆弾の)開発だけでなく、その配備まで、完全な物語を提示すると確約していました。一部に、これは核兵器の賛美になると考えた向きもありました。わたしたちは……それが当方の意図だと考えた人の誤解を解きたいものだと思いました」

「ファットマン」は、米軍が長崎に投下した爆弾の通称だった。TNT火薬22,000トンに相当する爆発力を有し、猛風、強烈な熱、死の放射線を発生させた。3日前には、核爆弾「リトルボーイ」が広島を破壊していた。(UPI)

公園局は国の語り部としてのプライドを抱いており、第ニ次世界大戦期の日系アメリカ人の強制収容の詳細をカリフォルニア州のマンザナー国立歴史遺跡(ManzanarNational Historic Site)で展示するなど、不快な史実を取り上げることがますます多くなっている。

原子爆弾の完全な歴史を公開展示することは、別の次元の挑戦である。

マンハッタン計画・国立歴史公園の創立を定めた2014年法制を後押ししたパティ・マレイにとって、これは彼女自身の家族が生きた歴史なのだ。彼女の父親はケニウィックで成長し、プロジェクトに住み処を譲るためにハンフォードから離散した人びとの子どもたちと野球をしていた。このワシントン州選出の民主党上院議員は、地元の農民の犠牲と「地球半周向こうの都市に対する壊滅的な効果」を含め、公園はあらゆる側面を提示すべきであるという。

だが、議会で公園を支持したワシントン州の共和党員、ドク・ハスティングス元下院議員は、立法趣旨は日本に対する爆弾の効果に注目することではなく、先駆者としての達成に注目することにあったとして、次のように述べた――

「戦争に影響したのはもちろんですが、爆弾を開発したアメリカ人の創意工夫する能力を強調しなければなりません」

スミソニアンの国立航空・宇宙科学博物館の経験は、より完全な物語を語ろうとすれば、爆発する論争を反映している。

1990年代のこと、博物館スタッフが、広島に原爆を投下した航空機、エノラ・ゲイと地上の犠牲を対にして展示しようと試みたとき、批判の集中砲火に直面した。

米国議会上院さえもが介入し、提案原稿を「修正主義的であり、幾多の第二次世界大戦復員軍人に対する侮辱」と避難する決議案を満場一致で採択した。博物館の館長は辞職し、航空機は、日本で起こった事態の様相を伴うことなしに展示されることになった。スミソニアンのエノラ・ゲイ展示を担当した学芸員、トム・クローチは、次のようにいった――

「わたしは、一部始終を語るという正直な仕事をするのは実に困難であるという結論に達しました」

公園局の、事の顛末を語ろうとする努力は、日本からの懸念も招いている。

日本では、数多くの人たちが、アジア太平洋における戦争と惨敗を招いた日本軍の侵略行為と折り合いを付けるために奮闘してきた。今年、日本のホテル・チェーン事業オーナーの著作本が、客室で無料配布されており、その本は、中国における日本兵によるレイプと殺人を伴う1937年猛攻、すなわち南京大虐殺(the Rape of Nanking)の信憑性を疑っている。

その一方、広島、長崎両市は、核兵器に対抗する世界的な運動において積極行動主義の拠点として浮上している。

両市の市長たちは、自分たちの街の大方を払拭した兵器の周辺に創設された米国立公園のコンセプトに目覚ましい思いがした。そのことがジャーヴィスの背中を押し――20156月の日本人記者団との会見で――破壊の顛末が語られることを確約することになった。

両市の市長たちは20159月、公園に関する有識者フォーラムに書簡を送付した。

両市長は、マンハッタン計画・国立歴史公園の展示品は核兵器の非人道性を明らかにするものでなければならないと認め、原爆遺物と写真類の寄贈を申し出た。

そして彼らは警告を発していた――展示品は、「原爆攻撃を正当行為とみなす長年の認識を強化したり」、あるいは「核兵器の開発を国力のシンボルとして祝賀したりする」ものであってはならない。

クリス・カービーは昨年の秋、新公園の最高責任者として仕事に着手したとき、その書簡をファイルから見つけた。

彼女はその手紙を執務デスクの目立つ箇所に置いている。彼女はこういう――

「これは、物語を構成する非常に重要な品目です」

「現実を学んでください」

米軍が194589日、第二次世界大戦を終結させるために原子爆弾を投下したあと、長崎の上空にきのこ雲が形成された。爆弾にはハンフォードで製造されたプルトニウムが装填されていた。(The Associated Press)
長崎とリッチランドは強力なシンボル――きのこ雲――を共有しているが、爆弾に関する見解は大きく違っている。

きのこ雲はリッチランドでは、ナチスが最初に爆弾を手に入れるという不安を伴い、また兵器級プルトニウムを生成する最初の例となるために、B反応炉を建造して、研究室実験の規模拡大を図るという膨大な仕事を伴った戦時任務の劇的な結果を特徴づけるものだった。

政府が1943年に買収したハンフォード地区は今、北米で最悪の汚染をこうむった核施設である。

プルトニウム生産が終了して久しく、数十億ドルの除染作業が取って代わっている。だが、きのこ雲は健在であり、爆撃手の母校、リッチランド高等学校の体育館の床に描かれている。

長崎では、きのこ雲はこの世の終わりの開始を告げている。

爆心地の近くに資料館が建っていて、展示ホールに入ると、ビデオで爆発のエンドレス循環映像を見せている。

案内板が訪問客をより奥深く内部に誘う――「あの雲の下で起こったこと、現実を学んでください。忘れないでください。他の人たちに伝えてください」。

その雲は、長さ10フィート超、ファットマンの名で知られ、ソフトボール大の塊になったハンフォード製プルトニウムを組み込まれた爆弾で生成された。

当初の標的は、日本最大級の兵器庫を備えた街、小倉だった。

歴史家のアレックス・ウェラーシュタインによれば、靄〔もや〕と煙霧が視界を遮り、爆撃手は視覚照準命令を帯びていたという。

そこで米陸軍航空隊搭乗員らは、南の島、九州の第2標的であり、大型造船所を抱えた街、長崎に向かった。

爆撃手は、港近くの照準点の北側で雲間に暫時のあいだ開いた穴から覗き込んだ。彼は、工場、結核クリニック、病院、学校、街のキリスト教伝道遺産を反映した大聖堂が点在する地区に爆弾を投下した。

この地区は、あの朝、池田とその母親が徒歩の外出から帰宅するさいに横切った地獄のような被爆地帯だった。

火炎、瓦礫、そして放射線

原子爆弾が長崎の上空で炸裂してからほぼ1か月後の1945913日、廃墟のなかに見る浦上天主堂。 (Stanley Troutman / The Associated Press)

池田早苗は長崎攻撃で彼の兄弟姉妹5人の全員を失った。現在、齢84歳の彼は、高齢の生存者――日本でいう被爆者――のひとりであり、あの日のできごとを証言している。(Hal Bernton/The Seattle Times)

羽田麗子は齢9歳のとき、長崎の負傷者を世話して、1週間すごした。箸を使って、男の子の背中からガラス片を抜き取ったり、水の抜けた水泳プールのなかで死体焼却を手伝ったりしていたのを憶えている。(Hal Bernton / The Seattle Times)
池田は、衣服がズタズタに裂け、ジャガイモ畑に横たわり、弱々しい声で助けを求める、むごたらしく傷ついた人びとの集団を憶えている。

彼と母親が道を進むと、山腹に掘られた防空語の前で泣きわめいている女の子に出会った。

ふたりがなかに踏みこんでみると、少女の苦悶の原因がわかった。年齢が5歳ほどで背中が火傷で黒くなった男の子が水を求めて泣いていた。ふたりは水を持っていなかったので、池田の母親は男の子に自分の乳首を含ませ、自分たちの家の様子を確かめさせるために、息子を独り帰らせた。

池田家が住んでいた――爆心地から900ヤード[800メートル]以下の距離にある――二階建て家屋はぺちゃんこの残骸になっていた。池田は、兄弟2人と姉妹2人のうち1人が稲藁編みの寝袋の上に横たわっているのを見つけた。彼らは、6歳の妹、スズコがどこに行ったかわからないと彼にいった。家の近所で死者や瀕死者のなか、彼は妹の炭化した遺体を見つけた。

病院はあらかた破壊されており、崩壊を免れた建造物が仮の病棟になった。

当時9歳だった羽田麗子は、損傷した学校で負傷者の世話をして1週間すごした。彼女は男の子の背中から箸を使ってガラス片を抜き取ったり、母親と一緒に水の抜けた水泳プールのなかで死体を焼却したりした。

死に瀕した人たちの世話をして1週間もすごした羽田は、「わたしは感情をなくしていたと思います」といった。

爆弾を投下した航空機のパイロットで、当時は少佐だったチャールズ・スウィーニーはその数週間後、長崎被爆地帯を訪れるため、彼の搭乗員仲間の集団に参加した。

スウィーニーは、日本の軍国主義文化と自国民を人身御供に捧げた軍閥のせいで、この苦しみが「生じた」と考え、思い出を次のように記した――

「わたしは瓦礫のまんなかに立って、米日両側でこれほど多くの人たちが死んだのだと悲哀を覚えた。しかし、自責も罪も感じなかった……われわれにとっても、彼らにとっても、事は終わったのであり、われわれは救済されたのだ」

日本側の推計によれば、あの年に長崎の戦時人口240,000人のうち73,000人以上が爆弾関連の原因で死亡した。

日本の医学研究者らは、その後、数十年間にわたり白血病およびその他の癌の相次ぐ発症を追跡しており、放射線が最大に強烈だった爆心地に最も近かった被爆者のリスク係数が最も高いことが判明した。

被爆者は社会的な傷をもこうむった。

少女の多くは、出生異常のある子どもを出産するリスクのため、結婚の見通しが暗いと考えられた。

原爆で破壊された女学校を運営していたカトリック修道会が設立した長崎原爆ホームで暮らす高齢の被爆者たち。(Hal Bernton / The Seattle Times)
山崎千鶴代は、次のようにいう――

「そんなことが時どきありました。わたしの2番目の子どもに障害があり、男の子でしたが、ほんの4歳で死んでしまいました」

山崎は今日、優雅な中庭と日当り良好な部屋を備えた施設、年配者用のホームで暮らしている。入居者たちはそのホームで障害者のバレーボール競技会が終わった後の授賞式で集合すると、小学生のように笑いさざめく。

その居住施設は――原爆投下時――爆心地の近くで女学校を運営していたカトリック修道会によって建てられた。

その学校は生徒214名と多数の教師を失った。

修道女と生徒の一部はその当日、燃料用の松ヤニを採集するために山へ派遣されており、大量殺人を逃れた。戦後になって、カトリック修道会はホームを建造し、約300名の被爆者に住まいを提供している。

このホームは「恩寵の丘」と呼ばれている。

20世紀の「驚異」


ポインタまたは指先を使って、B反応炉の360°回転映像を見ることができる。(Kjell Redal / The Seattle Times)

ハンフォードのB反応炉を訪れるツアー客にとって、今のところ、長崎の運命は踏査されていない領域のままである。

ツアーの実施主体は米国エネルギー省であり、2009年にツアーを再開しはじめ、公園の創立以来ずっと開催している。

ツアー客らはリッチランドの町外れの簡素な建物に到着する。その中でビデオが、コロンビア川の水資源、豊富な水力発電量、遠隔地の利点から陸軍工兵隊が選んだ586平方マイル[1518 km2]のハンフォード施設の戦時期における推移について詳しく解説する。

ビデオはきのこ雲の映像で終わり、B反応炉は「20世紀屈指の驚異」であり「人間精神の証」とアナウンサーが謳う。

次いでツアー客らはバスでB反応炉に移動し、そこではハンフォードの元労働者らがガイド役になって、建設、手に汗握る起動の様子、最初のプルトニウムを産出した初期の操業について詳しく解説する。長崎は彼らの解説に登場しない。

一部のハンフォード関係者は、今こそ視野を拡げるべきだという。

ジョン・フォックスは元リッチランド市長、新しい国立公園はプルトニウムを生産したマンハッタン計画に加えて、長崎で起こった事態を伝えるべきだと考えている。(Kjell Redal / The Seattle Times)
ジョン・フォックスは元リッチランド市長であり、ハンフォードのエンジニアとして41年間の経歴があって、1945年の秋には、計画されていた日本上陸侵攻作戦に間に合うように徴兵されるだろう、そうなれば生きて帰れないだろうと考えていた。

そうはならず、戦争は終結し、彼は爆弾の功績を認めている。

そこでフォックスはカレッジを卒業し、ハンフォードで仕事を見つけ、コロンビア川沿いの美しい土地を購入し、今でも夫妻でそこに住んでいる。

89歳のフォックスは引退者として、建造物保全のために活動した地元グループ、B反応炉博物館協会の会長を務めている。彼は公園ツアー客がハンフォードで生産されたプルトニウムの最終的な結果を理解してくれるように願って、こういう――

「わたしは、今どきの人たちが歴史をロクに憶えていませんので、理解することが決定的に重要だと思います。それでホロコースト博物館タイプの催しをしなければならなくなるとはまさか思いませんが」

ハンフォードに11年間の核エンジニア職歴があるシャーリー・オリンガーにとって、公園に日本からの視点を取り入れることは、彼女自身の家族の物語を伝えるのに役立つ。彼女の両親――長崎地方出身の母親と米国海軍士官の父親――は戦後占領期に出会った。

オリンガーの息子と娘は2007年に長崎を訪問したものの、彼女が、プルトニウム処理工程の副産物である廃棄物5600万ガロン[21m3]を保管しているタンク群の管理監督助手を務めているあいだ、おおむねリッチランドで成長しており、彼女は次のようにいった――

ハンフォードに11年間の核エンジニア職歴があるシャーリー・オリンガーにとって、公園に日本からの視点を取り入れることは、彼女自身の家族の物語を伝えるのに役立つ。(Kjell Redal / The Seattle Times)
「わたしの子どもたちは、ふたりとも両サイドにとても共感しています。彼らは起こった事態を非難しません。彼らは現場にいませんでした」

他にも――長崎の被爆者にとっても、ハンフォードで働いたり、その近くに住んでいたりした人びとにとって――放射線の影響を公園が間違いなく説明してほしいと思っている人たちがいる。

両親がハンフォードで働いていたあいだ、リッチランドで幼年期を過ごしたトリシャ・プリティキンは、「核兵器生産の真の犠牲者は、そうした人びとです」といった。

プリティキンの父親は、連邦補償法の元、ハンフォードにおける労働に関連すると考えられた甲状腺癌で亡くなった。母親は黒色腫で亡くなったが、彼女の放射線被曝量は労災疾患補償金の支払いに値するほど有意ではないと判定された。

プリティキン自身も甲状腺を摘出されており、副甲状腺の疾患で苦しんでいる。

彼女は、放射性ヨウ素の放出を含むハンフォードの汚染が原因になったと主張する疾患の補償を求めて連邦政府を相手取って提訴された――そして、2016年に示談になった――大規模な原告団訴訟の早くからの係争当事者だった。

公園局職員らが2年前に開催した有識者フォーラムで「風下住民」の悲惨な境遇が指摘され、公園の展示で紹介される可能性がある。

プリティキンは、「わたしたちは、押せ、押せ、の勢いでやってきました」といった。

完全な物語が語られるだろうか?

公園局はやがて原子爆弾の物語の全体像を伝えることができるようになるだろうか?

アメリカの新しい大統領が、大陸間弾道ミサイルを実験している核武装国家・北朝鮮の独裁者と争っているいま、原子爆弾攻撃の影響を描き出すことは歴史の重要な作業対象である。

だが、トランプ政権の中で、どれほどの支持を公園局がかき集められるのか分からない。

2016年にオバマ大統領は広島を訪問し、「194586日朝の記憶は決して薄らぐことはありません」と明言した。

2016年の大統領選挙戦中、当時のドナルド・トランプ候補は、オバマの広島訪問を「どうしようもない」と決めつけたうえで、「謝罪しなかっただけ、上等だ」といった。

予算にしても、不足がつづく見込みである。

公園局職員らはハンフォードで従業員をもうひとり雇わなければならない。トランプ政権が全米で1,200名以上の政府機関職員の削減を提案しているので、雇用をはじめられる時期は不明なままである。

不透明な状況のさなか、他の施設は日本人の体験の取り入れる方向に進んでいる。

ニューメキシコ州では、最近になって改修されたロスアラモス歴史博物館は、民間資金と郡予算の合同で出資されており、今では日本の遺物や被爆者のことばをあしらった「内省の間」を備えている。


長崎原爆資料館は第二次世界大戦の集結間近に、この日本の都市に爆弾が与えた損害を記録展示している。(Hal Bernton / The Seattle Times)

長崎では、被爆者は発言をつづけている。池田は学校や原爆資料館で話して聞かせ、袖を引き上げて、あの日の消えない思い出として残るケロイド痕を見せている。

被爆者たちの語りは、次の世代に受け継がれてもいる。池田の娘、直子は平和活動家であり、語り部である。

来年の3月には、ひとりの被爆者も加わる長崎代表団がリッチランド地方を訪問する。

池田は、「わたしの話は、そのような場所に住んでいるアメリカ人に聞かせなければなりません」という。

【筆者】

ハル・バーントン Hal Bernton: 206-464-2581 or hbernton@seattletimes.com.
この記事は、アジア太平洋圏における諸国民の相互理解の増進をめざすハワイ東西センター(East-West Center)主催のジャーナリスト研修・取材ツアー(Jefferson Fellowship)のさいに報告されたもの。

【クレジット】

The Seattle Times, “Will Nagasaki’s story be told at Washington state’s new national park?” by Hal Bernton, posted and updated on August 5, 2017 at;